チャイニーズハムスターの飼い方とは!?寿命や性格、値段や特徴から見る

公開日:

本ページでは、ハムスターの中でも知名度は低いですが、頭がとても良い「チャイニーズハムスター」について紹介します。
飼育初心者が気になる「チャイニーズハムスター」の飼い方や値段や寿命や、性格や特徴、
また、飼育に必要な用品や必要な費用などをご紹介しています。
是非、最後までご覧になって行ってください。

 

 

チャイニーズハムスターの飼い方を調べる!

あなたは、「チャイニーズハムスター」という種類をご存知ですか??
一般的には、あまり知名度が高くはなく、ハムスターを飼った事がある方ぐらいしか、
知っている方はいないのではないでしょうか?
人気の種類の「ゴールデンハムスター」や「ジャンガリアンハムスター」と、
比較すると知名度は高くはありませんが「チャイニーズハムスター」ならではの特徴や可愛さがあります。
以下にて、飼い方を学ぶ上で性格や特徴などを調べていきましょう!

チャイニーズハムスターの特徴とは!?(体長&容姿など)

ハムスターの中でも人気の種類と比較すると大きく異なる点が、
「チャイニーズハムスター」にはあります。
まずは、容姿ですが人気の種類の「ゴールデンハムスター」や「ジャンガリアンハムスター」と比べると、
より「ネズミ」ぽく見えるのが特徴です。

 

特に、尻尾がハムスターの中でもとても長く、上記の人気種類のハムスターは約1cmほどですが、
「チャイニーズハムスター」は、2~3cmと結構長いです。
あまり変わらないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、実際に見ると意外と変わります。
また、他のハムスターと比較しても目がクリクリしていてとても大きいのも特徴的です。
容姿に関しては、好みが別れる種類かもしれません。

 

そして、
体調に関しては、それほど大差はなく、約8~13cmほどとなっており、
ゴールデンハムスター」よりかは小さく、「ジャンガリアンハムスター」と同程度または少し大きい程度です。
また、体重に関しても成体で30〜45gほどとなります。

チャイニーズハムスターの性格とは!?

容姿は、ネズミぽく運動量がとても多い種類の「チャイニーズハムスター」。
実は、とっても頭の良い種類に分類されるハムスター。
基本的には、人間にも慣れやすいですし、慣れてしまえば手乗りになることも可能。

 

しかし、頭が良いために脱走したり、落下したりと危険も他の種類に比べると多いです。
また、トイレに関しても他のハムスターに劣らずちゃんと覚える事ができます。
飼う際には、ちょっとした工夫でお互いが気持ちよく生活する事ができます。

チャイニーズハムスターの寿命とは!?

「チャイニーズハムスター」の寿命は他のハムスターと比べてどのぐらいでしょうか!?
一般的には、 2〜3年ほどと言われています。
この年数に関しては、他のハムスターと比較しても変わらないです。
もちろん、飼育方法や環境によって短くなったり長生きしてくれたりします。
大切に育てて少しでも長生きしてもらいましょう!

チャイニーズハムスターの値段は!?

知名度が低い「チャイニーズハムスター」ですが、
実際にペットショップではどの程度の値段で売られているのでしょうか?
一般的には、3000円~4000円程度となっています。
もともと、中国が原産のハムスターという事もあり、ペットとしても近年知名度が少しずつ上がりつつある種類ですので、
ハムスターの中でも少しだけ値段は高めとなっています。

チャイニーズハムスターの飼育用品や飼育費用とは!?

また、最後にチャイニーズハムスターを飼うのに必要なものや、必要な費用を見ていきましょう!

1.ゲージ

まずは、ゲージはどうしても必要なものとなります。
ゲージには、金網タイプのものと水槽タイプのもの2種類があります。
それぞれにメリット・デメリットが存在するので購入前に、
どちらかが適しているかよく検討した上で購入しましょう!

2.巣箱

巣箱は、ハムスターが安心できる唯一の場所です。
ここで、寝たり、ご飯を持ち帰り食べたり、
生活の要となる場所なので、必ず用意してあげましょう。
ハムスターは小動物なので家は必須ですよ!

3.床材

ゲージの中にハムスターが潜ったり穴掘りしたりできるよう、
床材を用意してあげましょう!
床材の中には、アレルギーを発症してしまう場合があるので、
自分のハムスターの様子を見ながら一番好む床材を用意してあげましょう!

4.給水器

ハムスターも生き物なので水が必要です。
小さい生き物ではありますが以外と水分をとります。
野菜などをあげているからといって、給水器を設置していないと、
脱水症状になったりする場合もありますので、必ず用意してあげましょう!

5.回し車

ハムスターは、運動が大好きな生き物です。
ただでさえ、狭い空間で閉じ込めて飼っているので、
回し車がないと、運動不足になってストレスがたまったり、太ってしまうという事態になってしまいます。
外に出して散歩させるという方法もありますが、
ひとまず、回し車を設置しておくのがベストだと思います。

6.トイレ

最後に、トイレです。
ハムスターは、ウンチは覚えてくれませんが、おしっこは覚えてくれます。
なので、トイレを設置してトイレを覚えてもらいましょう!
また、それ以外にもトイレには、シャワーのような役目もあります。
ハムスターは、お風呂に入れてあげれない分、
砂場で体をこすることで、毛づくろいや汚れを落とします。
ですので、トイレも必ず用意してあげましょう!

チャイニーズハムスターを飼うのに必要な飼育費用

上記の必要な飼育用品とチャイニーズハムスターの値段を合わせると、
大体1万〜1万5000円前後の費用が最初にかかります。
しかし、ハムスターの場合、初期費用が少しだけかかるだけで、
毎月の出費は、多くても数千ほど。
餌もそんなに多く食べませんので、基本的には費用はそこまでかからない生き物となっています。

 

関連記事